美しい髪を手に入れるためには?

美しい髪を手に入れるためには?

ヘアケアの手順:リンス・コンディショナー

美髪を目指すみなさんに、毎日のヘアケアの基本をお教えしたいと思います。

 

まずは準備として、シャンプー前にしっかりとブラッシングをします。
ブラッシングをすることで髪に付いた汚れを落とし、髪の絡まりを解きます。
ブラッシングが済んだら、髪と頭皮を十分に濡らします。
そうすることでシャンプーが隅々まで行き渡り、泡立ちも良くなります。
シャンプーするときは指の腹を使い、頭皮をマッサージするように洗います。
決して爪を立てて洗ってはいけません。
汚れがしっかり落ちないどころか、頭皮に傷が付いてしまいます。

 

ロングヘアの方に多いのが、頭皮ではなく髪の毛ばかりを洗ってしまうパターン。
シャンプーは頭皮の汚れを落とすことが主目的です。
ロングヘアの方は頭皮の汚れをしっかりと落としてから、少量のシャンプーを髪の毛に追加して
優しく揉みこむように洗ってください。
すすぎはシャンプーがきちんと流しきれるようにしっかりと行いましょう。

 

頭皮がしっかり洗えたら、ここからがヘアケアのメインであるリンス・コンディショナーの登場です。
リンス・コンディショナーは、シャンプーとは逆に、髪の毛に馴染ませるように使います。
基本的に頭皮には必要ありません。
髪の毛の長さに応じた適量を手のひらに取ったら、毛先から頭皮に向かって馴染ませます。
毛先を中心に全体にしっかりと馴染んだらすすぎます。
このとき、シャンプーのように完全に洗い流す必要はありませんが、頭皮にすすぎ残しがあると
かぶれ等の原因になるので気を付けましょう。

 

 

 

 

ヘアケアの手順:タオルドライ

シャンプーやリンス、トリートメントをした後、普通タオルドライをすると思いますが、正しい方法でできているでしょうか。髪の水分を取るためにごしごしタオルでこすったりしてはいけません。

 

折角髪に栄養も行き渡ったところなのに、その摩擦によってキューティクルがはがれてしまいます。特に髪がぬれている時は、とてもダメージを受けやすいので髪を優しく扱う必要があります。こすったり、ねじったりしてはいけません。タオルドライする時は、髪をタオルで挟んで、髪の根元からごく軽く押える程度にしましょう。根元から毛先に数回に分けてタオルを挟んで軽く押えていきます。

 

また、よくターバンのようにタオルを頭にぐるぐる巻いて水分を取ろうとする方がいますが、これもよくありません。どうしても水が滴るのが気になる場合には、タオルを軽く巻く程度にしましょう。また、吸水性に優れたマイクロファイバーのタオルなどを使用すると、普通のタオルより早く水分を吸収できるので良いでしょう。

 

タオルドライしたら、ヘアケアのために、なるべく早くドライヤーで乾かすことが大切です。ドライヤーするときもタオルは使用しません。

 

ヘアケアのために保護剤や、流さないトリートメントを付けてから、頭皮と髪の毛の根元を乾かすつもりでドライヤーします。頭から10cm以上離して、なるべく短時間でドライヤーすることが大切です。

 

頭皮と髪の根元が乾いたら、後は半乾きでも大丈夫。自然乾燥させつつ、髪と頭皮をクールダウンさせましょう。

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ